広島のまつお歯科クリニックで最新の技術を受けたい方

当医院が誇る設備

より安全で成功率の高い治療が可能になりました

デジタルレントゲン(CT撮影)を導入しています

さらに正確な診断のために
さらに正確な診断のために(PDF)

デジタルレントゲン

従来のレントゲンではできなかった最新のコンピュータ処理により、撮影データを3次元的(3D)に構築し、骨の状態などが正確・高精度に診断できるようになりました。

3D画面なので、診たい場所や角度が自在で、これまで診れなかった場所からの正確な診断も可能になります。

  • 歯周病の状態
  • 病巣、歯根の状態・形態
  • 親知らずの位置
  • 神経の走行
  • インプラントの手術位置

これらが、より安全で成功率の高い治療が可能になりました。

従来のレントゲンに比べて放射線量が最大10分の1ときわめて少なく、現像時間がなくなるため瞬時にモニターに表示されて、時間が短縮します。

デジタルレントゲン

歯の治療では、歯の内部の状態を知るためにレントゲン撮影が欠かせません。
ただ余分なレントゲンの放射線量も、出来る事なら避けたいものですね。

そこで、当院では従来型のレントゲンより放射線量が10分の1のデジタルレントゲンを採用しております。
歯のレントゲン写真一枚の放射線量がどの位かというと、日常生活で自然界から受ける量のわずか1~2日程度でしかありません。

WEBカウンセリングでより詳しいお問い合わせ

↑ PAGE TOP