「最先端技術と愛情」、これが、広島【まつお歯科クリニック】の理念です。

当医院のインプラント治療の特徴

広島まつお歯科クリニックでは、経験豊富なインプラントの専門家による高い技術と歯科用CT、手術室等の最新の設備でインプラント治療を行っております。
さらには、患者様にいかに痛くないインプラント治療を提供できるかを追及し、局所麻酔に加え、抗不安薬などを用いた鎮静法による治療を実施しております。鎮静法とは全身麻酔とは異なり、意識はあるがお酒でいう「ほろ酔い加減」の状態と同じように、不安や恐怖心がとれ、とてもリラックスした状態で治療を受けることが出来る治療法です。ストレスが無くなり、ほとんどの場合痛みも無くいつの間にか手術が終わったという感じがします。

また、当医院で施術されたインプラントにつきましては5年保証を行っております。
もちろん、保証制度の充実とともに、治療前、後の歯科衛生士による定期検診・歯ブラシ指導などしっかりとしたメンテナンスプログラムも行っております。

安全で安心していただく為に安全を追求して最先端の技術と設備を導入しています

インプラント失敗を避けたい方へ

オペ専用ルームで安心~最新の無菌オペ~

インプラントの失敗は避けなければいけません。 まつお歯科は、インプラントオペ(手術)専用ルームを備えております。 一般診療区画と完全に隔離し、無菌状態でオペを行います。
一般の診療台にてインプラントオペを行っている医院も見受けられますが、診察台が並んでいる院内では、他の患者様の口の雑菌が飛散している可能性が非常に高くなります。雑菌が飛散している環境でインプラント手術をすることはありえない行為で、インプラント専用のオペルームは必須なのです。

当クリニックでは患者さんのリスクを最大限軽減することに努めているので安心してインプラント治療を受けていただくことができます。

当医院が誇る設備

デジタルレントゲン(CT撮影)を導入しています

歯の治療では、歯の内部の状態を知るためにレントゲン撮影が欠かせません。 ただ余分なレントゲンの放射線量も、出来る事なら避けたいものですね。

そこで、当院では従来型のレントゲンより放射線量が10分の1のデジタルレントゲンを採用しております。 歯のレントゲン写真一枚の放射線量がどの位かというと、日常生活で自然界から受ける量のわずか1~2日程度でしかありません。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲン

従来のレントゲンに比べて放射線量が最大10分の1ときわめて少なく、現像時間がなくなるため瞬時にモニターに表示されて、時間が短縮します。

従来のレントゲンではできなかった最新のコンピュータ処理により、撮影データを3次元的(3D)に構築し、骨の状態などが正確・高精度に診断できるようになりました。

3D画面なので、診たい場所や角度が自在で、これまで診れなかった場所からの正確な診断も可能になります。

  • 歯周病の状態
  • 病巣、歯根の状態・形態
  • 親知らずの位置
  • 神経の走行
  • インプラントの手術位置

これらが、より安全で成功率の高い治療が可能になりました。

WEBカウンセリングでより詳しいお問い合わせ

↑ PAGE TOP